受験生のためのランキングサイト! 予備校ランキング

進研ゼミ中学講座【Benesse】

管理者コメント

【進研ゼミのレベル】
公立高校に圧倒的に強い通信教育です。全国の公立高校のランキングをみてみるとあらゆる地域において第1位の座を獲得していたのですが・・・・個人情報漏洩事件後に多くのランキングで第1位の座から後退しました。進研ゼミの教育システム自体については特に問題もなく質の良いものだと思いますが、情報管理の面においては問題があり多くの利用者の信用を失ったことが原因だと思われます。
進研ゼミの強みとしては、
①教材が全国の公立高校に通用する完成度の高いものとなっている。
②教室型では定員制限があるのに対し受験生の受け入れに制限がない。
③教室型ではなく通信教育であるため全国どの地域に住んでいても受講できる。
④通信教育は通塾時間が不要でありその分勉強時間にあてることができる。
⑤通信教育は時間に融通がきくため部活動をやってる受験生でも受講できる。
などがあげられられます。 通塾が不便な場合や部活動をしていて塾に行けない場合はお薦め致します。

【進研ゼミとZ会の違い】
進研ゼミとZ会のテキストを比べてみると進研ゼミは基礎問題を繰り返し解いて基礎学力をつけたい人向けなのに対しZ会は基礎問題+応用問題があり応用力をつけたい人向けです。結果として、進研ゼミは公立高校受験に強くZ会は私立難関高校受験などに強い傾向があります。
進研ゼミもZ会もお試し教材がありますので取り寄せてどちらが自分に合っているのか確かめたうえで決めることをお奨めします。

【進研ゼミとZ会の問題点】
進研ゼミやZ会などの通信教育は、送られてくるテキストの問題を自主的にこつこつと解いていく必要があるのですが、受講生の中には問題をため込んでしまい途中で挫折してしまう人もいます。進研ゼミもZ会も地道にこつこつと問題を解いていく人向けであり、自分に甘い性格で問題をため込む人には向いていません。自分に甘い性格であれば学習塾でビシバシと教育を受けた方がよいのかもしれません。

【根本的な考え方が間違っているのでは? 受験生第一ではなく、利益第一のように感じます】
進研ゼミは「受講生募集」についはTVコマーシャルや広告などでかなり活発に動いているいるようですが、合格実績の公表については1年前の古いデータのままです。3月に合格発表があってから、4月、5月、6月・・・・今年は8カ月遅れの11月に公表でした。
受験生にとって夏休みは重要な時期です。夏休み前までには合格実績の公表を行い、受験生が夏期講習を受けるための予備校・塾・通信教育などを選択できるような状況にしてあげるべきではないでしょうか?
1年前の古い合格実績の公表はしているから良いではないかと思う人もいるかもしれませんが1年前の古いデータは賞味期限切れです。

受講生募集をしたいのであればまず己の実力(最新の合格実績)を受験生に公表した上で募集すべきではないでしょうか?己の実力も公表しないまま受講生募集を行っても受験生は進研ゼミがどの程度のレベルなのか戸惑うのではないでしょうか?
大半の予備校・学習塾などは、最新の合格実績の公表を終えておりまず己の実力を受験生に知ってもらった上で受講生募集を行っています。私もこの順序がまともであると思っています。迅速な合格実績の公表は行わずに受講生募集ばかりが先行すると受験生第一ではなく利益第一のように感じます。もっと受験生の立場に立って動きませんか?進研ゼミさん。


管理者からのお知らせ

(1)サイトリニューアルしました。
2002年にサイトを立ち上げ、早いもので10年以上が経ちました。
この間、当サイトでは、情報の収集分析・ランキングの作成に努めてまいりましたが、その結果、現在では数十万件以上のビッグデータを形成するまでに至りました。この蓄積されたビッグデータに基づいたランキングが、受験生諸君に少しでもお役に立てれば光栄だと思っています。
受験生諸君が、ランキングを参考に自分に合った予備校・学習塾を探し出し、希望する高校や大学に合格することを祈る!
(一部のカテゴリは、ランキング作成中です。)

(2)2018年版ランキング
作成中。
大手通信教育の合格実績公表待ちです。

(3)2017年版ランキング
大学受験で最難関と言われている東京大学理Ⅲ(医学部)において、鉄緑会が駿台を追い抜き第1位の座につきました。東進も常に首位争いにいるのですが・・・・東進は東京大学理Ⅲ(医学部)の滑り止めとされている慶応大学医学部などにはそれほど合格実績はありません。それにもかかわらず東京大学理Ⅲ(医学部)には多くの合格実績をだしています。しかも過去数年間。このデータについて当サイトとしては少々疑問を持っています。滑り止めの慶応大学医学部などにそれほど合格実績のない東進がどうして本命の東京大学理Ⅲに多くの合格実績を出せるのでしょうか?

(4)2016年版ランキング
大学受験部門においては例年通り駿台・河合塾・東進・Z会などの大手や関東の鉄緑会、関西の研伸館、九州の英進館などの強豪が上位にランクされています。
2016年ランキングで目だった動きとしてはマーチレベルでの東進の躍進です。一部では大手予備校を抜いて2位にランクを上げています。
ただし「東大現役合格NO.1」を前面に出している東進であれば、マーチレベルの躍進ではなく東大受験の滑り止めとなる慶応・早稲田レベルで躍進があって欲しいものです。
高校受験部門においては、個人情報漏えい事件のあった進研ゼミ中学講座が一部で合格実績を回復させる兆しがあるものの、まだ多くのランキングにおいて個人情報漏えい事件前の合格実績まで回復していません。個人情報漏えい事件の影響が続いているものと思われます。

(5)メディア掲載実績
日刊ゲンダイ。

(6)ランキングについて
当サイトでは、各事業者が公式発表している合格実績に基づいてランキングを作成しておりますが、事業者によっては、講習生の取扱が異なるなど、合格実績の公表基準に差異がある場合がございます。この点をご考慮の上、当サイトのご利用をお願い致します。

新着情報

お問い合わせ