受験生のためのランキングサイト! 予備校ランキング

グノーブル

管理者コメント

2007年の開校以来、東京大学への合格実績は増加傾向にあり特に2015年においては前年比+52人の121人と大幅に増加しています。増加した要因としては知名度があがり在籍者が増えたことも考えられますが、今まで地道に積み重ねてきた実績が世間に認められてきたことが一番大きいのではないかと観ています。
受講者の出身校をみてみると開成や麻布などのレベルの高い高校が多く、東京大学受験で有名な鉄緑会タイプの学習塾・予備校と観ています。

 東大合格実績と在籍者の推移
2015年 121人【9期在籍603名】
2014年  69人【8期在籍426名】
2013年  73人【7期在籍397名】
2012年  69人【6期在籍346名】
2011年  62人【5期在籍311名】
2010年  54人【4期在籍307名】
2009年  65人【3期在籍271名】
2008年  50人【2期在籍232名】
2007年  38人【1期在籍187名】

管理者からのお知らせ

(1)サイトリニューアルしました。
2002年にサイトを立ち上げ、早いもので10年以上が経ちました。
この間、当サイトでは、情報の収集分析・ランキングの作成に努めてまいりましたが、その結果、現在では数十万件以上のビッグデータを形成するまでに至りました。この蓄積されたビッグデータに基づいたランキングが、受験生諸君に少しでもお役に立てれば光栄だと思っています。
受験生諸君が、ランキングを参考に自分に合った予備校・学習塾を探し出し、希望する高校や大学に合格することを祈る!
(一部のカテゴリは、ランキング作成中です。)

(2)2018年版ランキング
作成中。
大手通信教育の合格実績公表待ちです。

(3)2017年版ランキング
大学受験で最難関と言われている東京大学理Ⅲ(医学部)において、鉄緑会が駿台を追い抜き第1位の座につきました。東進も常に首位争いにいるのですが・・・・東進は東京大学理Ⅲ(医学部)の滑り止めとされている慶応大学医学部などにはそれほど合格実績はありません。それにもかかわらず東京大学理Ⅲ(医学部)には多くの合格実績をだしています。しかも過去数年間。このデータについて当サイトとしては少々疑問を持っています。滑り止めの慶応大学医学部などにそれほど合格実績のない東進がどうして本命の東京大学理Ⅲに多くの合格実績を出せるのでしょうか?

(4)2016年版ランキング
大学受験部門においては例年通り駿台・河合塾・東進・Z会などの大手や関東の鉄緑会、関西の研伸館、九州の英進館などの強豪が上位にランクされています。
2016年ランキングで目だった動きとしてはマーチレベルでの東進の躍進です。一部では大手予備校を抜いて2位にランクを上げています。
ただし「東大現役合格NO.1」を前面に出している東進であれば、マーチレベルの躍進ではなく東大受験の滑り止めとなる慶応・早稲田レベルで躍進があって欲しいものです。
高校受験部門においては、個人情報漏えい事件のあった進研ゼミ中学講座が一部で合格実績を回復させる兆しがあるものの、まだ多くのランキングにおいて個人情報漏えい事件前の合格実績まで回復していません。個人情報漏えい事件の影響が続いているものと思われます。

(5)メディア掲載実績
日刊ゲンダイ。

(6)ランキングについて
当サイトでは、各事業者が公式発表している合格実績に基づいてランキングを作成しておりますが、事業者によっては、講習生の取扱が異なるなど、合格実績の公表基準に差異がある場合がございます。この点をご考慮の上、当サイトのご利用をお願い致します。

新着情報

お問い合わせ